記事一覧

食物アレルギーになりやすい人のまとめ

花粉症はアレルギー症状の一つです。 アレルギーは花粉だけでなくハウスダストや食べ物によっても引き起こされることが多く、食べ物の場合は食物アレルギーと呼びます。 食物アレルギーは身近なものがアレルゲンとなるので、花粉以上に注意が必要となっています。 食物アレルギーは一般的に赤ちゃんに多く見られます。 これは消化能力がまだ未熟なことが原因となっていますが、皮膚を通してアレルゲンが体内に侵入した際にも食物アレルギーを引き起こすことがあり、近年では年齢関係なく食物アレルギーを引き起こす人は増えています。 食物アレルギーに関しては医療関係者向けに日本小児アレルギー学会が2017年、鶏卵アレルギー発症予防に関する提言というものを発表していますが、これは鶏卵アレルギーの発症を予防することが目的で、医療関係者の管理のもと生後6か月から鶏卵をほんの少しずつ摂取する、ということを推奨しています。 アレルギーに関する情報は日々変わってきているので、食物アレルギーを持っている場合は情報をしっかりととらえることが大切です。 近年、注目されているのが花粉症の人が特定の果物や野菜を食べたことによって起こる食物アレルギーです。 それまでは何でもなかったのにある日突然、アレルギー反応を示します。 口腔アレルギー症候群とも呼ばれており、食べ物を口にすると口の中がピリピリとしたり違和感を覚えたりするのが特徴で、重篤な場合は呼吸困難を引き起こすこともあります。 原因物質はスギやヒノキの花粉症の場合はトマト、ブタクサはキュウリやバナナ、メロンに反応します。 最も原因物質が多いのはシラカンバに反応する人で、シラカンバは、りんごや桃、梨といった身近な果物や、人参やジャガイモといった野菜に反応してしまいます。 口腔アレルギー症候群が起こった場合は、その食べ物を食べないようにすることが基本ですが、花粉症同様に完全に治すことはできません。 そのため発症を抑える必要があるのです。突然起こるので不安に感じますが、その時は口の中に少し入れてみてピリピリするかどうか刺激はないか確認をしてみましょう。 少しでも違和感がある場合は食べないようにしてください。症状が軽いからと言って食べていると重症化してしまうこともあります。 アレルギーはペットの毛やダニ、ほこりや食べ物などさまざまなものがアレルゲンとなります。 特にペットを飼っている場合は部屋の掃除をきちんと行うように心がけましょう。

2019年09月03日
ザイザルも花粉症やアレルギーの症状を抑えることができる

特定の植物の花粉にアレルギー反応を起こしてしまう症状に花粉症があります。 花粉症はある日突然なることが多く、1回花粉症になってしまうと次の年も同じ時期に、症状が現れてきます。 すぐに治るのではなく、長く付き合っていかなければならない症状であり、花粉症によって不快な時期を過ごすためできるだけ予防に力を入れる必要があるのです。 花粉症によるアレルギー性の鼻炎に効く薬の代表的なものにアレグラがありますが、同じようにアレルギー性鼻炎に効く薬としてザイザルという薬があります。 ザイザルはレボセチリジン塩酸塩を主成分とし、アレグラ同様、抗ヒスタミン作用のある薬です。 花粉症はヒスタミンによって、症状が現れてきますが、抗ヒスタミン作用は鼻水や鼻づまりといったアレルギー反応を抑えることができ、花粉症には必要な作用となっています。 ザイザル自体は市販薬として販売されておらず、処方してもらう必要があるのですが、アレグラ同様眠くなりにくく、効果が持続しやすい点があります。 そしてザイザルの場合、鼻づまりだけでなく咳や皮膚の痒み、腫れ、蕁麻疹といった皮膚炎にも効果が認められています。 つまり鼻づまりを中心に皮膚炎に対しても効果を得ることができるのです。 同じ抗ヒスタミン作用があるアレグラと比較してみると、花粉症に即効性があり効き目が持続するのはレボセチリジン塩酸塩を主成分とするザイザルです。 ザイザルは1日1回就寝前に服用するだけでよく、仮に食事中に飲み忘れた分を服用しても血中濃度に変化は見られません。 食事中に花粉症の薬を服用しても血中濃度に影響がないのは、ザイザルなので、時間を選ばず安心して服用することができます。 ですが、ザイザルは比較的眠くなりやすく倦怠感を感じやすい薬でもあります。 基本的な注意事項の中にも眠気を感じることがあるため、自動車の運転など危険を伴う機械の操作はしないようにと書かれています。 1日1回の服用でよいので、できるだけ就寝前に飲むと良いでしょう。 ザイザルは副作用が少ない薬でもあるのですが、時として頭痛や口の渇き、食欲不振や吐き気ということが起きます。 そして妊娠や授乳中の場合は服用が相対禁止となっています。 アレルギーの症状を抑えることができ、1日1回の服用で良いという手軽さがある薬ではありますが、注意すべきことがあるので、処方してもらう場合は医師や薬剤師にどういった副作用が考えられるのかしっかり聞いておくようにします。

2019年08月18日
花粉症の症状を緩和させるアレグラを服用しよう

花粉症は水のような鼻水が出るだけでなく、鼻づまりも引き起こします。 鼻が刺激されることでくしゃみも多く出るので、体力が奪われてしまうことがあります。 花粉症の場合、自分でも花粉を寄せ付けないことが大切ですが、上手に薬を使うことで症状を軽減することができるのです。 花粉症の薬は数多くあり、処方箋がなくてもドラッグストアやネット通販で購入できる薬があります。 代表的なものにアレグラがあり、アレグラはフェキソフェナジンを主成分としています。 フェキソフェナジンは第二世代ヒスタミン剤で、医療用として使用されていました。 そのため、処方箋が無いと服用することができず、海外医薬品を頼ることが多かったのです。 しかし、日本においても2012年に市販薬として、ドラッグストアでも購入することが可能になったのです。 フェキソフェナジンは、花粉症の症状が出てしまってもその症状を鎮めることができ、ヒスタミンなど症状を引き起こす物質を抑制し、体内に排出するのを防ぐこともできます。 脳に影響を与えることが少ないため、眠気が起きにくく、集中力や作業能力も低下しにくい特徴があります。 そして花粉症の薬に多い、口の渇きも少ないです。 市販薬と処方される薬の違いは、服用できる年齢が違うこと、効果や効能の範囲が若干違うことがあげられます。 処方されるアレグラは皮膚の疾患や蕁麻疹にも効果がありますが、処方される薬や海外医薬品にはそのような効果はありません。 ネット通販で手に入れることができる海外医薬品も処方される薬と少し違いますが、基本的な成分は同じになっています。 アレグラは、1日2回服用することで効果が24時間持続します。寝ている間も効いているので、鼻づまりに悩むことはありません。 そして空腹時にも服用することができます。朝と夕に服用するのが望ましいので、できるだけ忘れないようにしましょう。 花粉症は花粉が飛ぶ時期前から対策を練ることが大切です。 アレグラは時期前から服用を開始すると症状がひどくならずに済みます。 継続して服用することが大切ではありますが、1週間飲み続けても効果が出てこない場合は一度医療機関を受診するか、ドラッグストアの登録販売者に相談をすると良いでしょう。 アレグラは花粉やハウスダストによるアレルギー性の鼻炎に効果があり、眠気も起きないため使いやすい薬です。 薬の効果を高めるためにも服用する前後はアルコールの摂取を控えるようにします。

2019年07月30日
花粉症の症状を少しでも良くする予防法

花粉症はスギやヒノキといった植物の花粉が原因で起こることが多いですが、花粉の影響のほかに生活習慣も深く関係しています。 特にタバコやアルコールの摂取は花粉症を悪化させてしまう原因の一つです。 タバコは口から吸いますが鼻から煙を出すことが多く、その際鼻の粘膜が傷ついている状態になっています。 鼻は異物から守るフィルターの役目がありますので、この部分の粘膜が傷つくと簡単に異物である花粉が侵入し、症状を引き起こしてしまうのです。 そしてタバコの場合、吸っていなくても吸っている人の近くにいるだけで同じような症状が出ることが多いです。 アルコールに関しては飲むことで血管が拡張し、余計に目の充血や鼻づまりといった症状を引き起こします。 そしてアルコールを飲む際に食べることの多いおつまみも高脂質のものが多く、免疫力を下げることにつながります。 薬の効き目にも影響してくるので、花粉の時期には控えたほうが良いでしょう。 花粉症の症状を軽くするには、できるだけ外出をしない方が良いのですが、仕事や子育てをしている場合、どうしても外に行く機会は多いです。 外出する際は花粉情報をチェックし、今日はどのくらいひどいのか、ということをしっかり把握しましょう。 花粉情報はテレビやアプリなどで簡単にチェックすることができます。 そして外出するときは、かならずマスクをつけるようにしましょう。マスクは不織布ですぐに捨てられるものが良いです。 さらに予防するのであれば帽子をかぶると良いでしょう。 服装も首元までかくれるもの、すべすべとした生地のものを選ぶようにします 。なお、外出先からそのまま家に入ってしまうと服装についた花粉が室内に入りこんでしまう恐れがあります。 玄関先でさっと払うようにし、家に入ったらすぐに洗顔をします。 洗顔をすることで顔についた花粉を取り除くことができるからです。 目の痒みがある場合は特に丁寧に行うようにしてください。 一通り自分についた花粉を取り除いたら念入りに掃除をするようにします。 掃除をする時は、花粉が舞い上がらないよう、濡れた雑巾やモップを利用して床をふき取り、それから掃除機をかけると良いです。 掃除機もコードレスタイプの物の方が排気する空気が少ないため花粉が舞い上がりません。 花粉症は薬の服用が基本ですが、身近なことに注目するだけでも症状を軽くすることができます。 家に持ち込まない、花粉を寄せ付けない、ということを意識してみましょう。

2019年07月15日
花粉症になる原因とメカニズムを教えます

花粉症はヒノキやスギがアレルゲンとなって起こる免疫異常を言います。 人間の体は花粉が鼻や口、目に入るとまずリンパ球によってこれは体に入れて良いものなのか、ダメなものなのかを判断します。 ここで異物だと認識をした場合はリンパ球は花粉に対する抗体を作り、粘膜の表面にある肥満細胞にくっつきます。 そして再び花粉を吸い込むと抗体とくっつきますが、その段階で肥満細胞から危険であるという信号が送り出されヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。 ヒスタミンが放出されることによって異物である花粉を口や鼻といった体内に入れないように、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目の痒みを引き起こしているのです。 バリア機能が働きすぎてヒスタミンが多く分泌され免疫異常が起こりやすくなります。 一度ヒノキやスギなどのアレルゲンが侵入すると早く追い出そうとするので、花粉症の症状が重くなっていくのです。 人間にとっては異物の侵入を食い止めているわけですから、身体はしっかりと働いている状態であるのですが、あまりにもバリア機能が働いてしまうと、過剰にくしゃみや涙が出たりするので、ヒスタミンの分泌を抑えなくてはなりません。 花粉症を軽減するには、花粉が飛ぶ前から対策をする必要があります。 だいたい2月の中旬から飛び始めるので、それ前に抗アレルギー薬を利用してアレルギーの反応を抑えることが大切です。 予防を行い、花粉の時期が到来した場合も対策が必要で、花粉が飛びやすい午前中や風の強い日、雨上がりの次の日は不要な外出は控える方が良いでしょう。 もし外出する場合でも帽子やめがね、マスクを着用し、できるだけ花粉に触れないようにすることが大切です。そして室内にも花粉を持ち込まないように配慮します。 晴れた日は洗濯物や布団を干したくなりますが、症状が出ている時は室内干しに切り替える、外に干した時はきちんと花粉を払ってから家の中に入れる、ということを行います。 現在アレルゲン対策としてアレルギー専用の布団や布団カバーも販売されています。 これらの生地は大変すべすべしていて簡単にアレルゲンを取り除けるようになっています。 ひどく症状が出る場合は、こういったものを利用しても良いです。花粉症は春だけでなく秋にも起こります。 秋の場合は雑草が原因のことが多く遠くに飛ぶことは少ないので、近寄らないようにするだけでも症状は軽減されます。 対策として花粉症になる仕組みをしっかりと理解し、自分の身は自分で守る、ということが大切になってくるのです。

2019年06月27日
花粉症の症状は辛くてたまらない

花粉症は1年に2回ほどくしゃみや鼻水、目の痒みを感じる疾患です。花粉症の症状は辛いことが多く、頻繁にくしゃみや鼻水が出る症状が出ることから、仕事への影響も大きいのです。 さらに目の痒みがひどくなると目をこすってしまうこともあるので、目の周りが赤くなったり、充血したりして見た目もひじょうに悪くなります。 症状を抑えるには、なるべく外出は避けるということが大切になってくるのです。 春の花粉症はスギ、ヒノキといった針葉樹の植物の花粉が影響して起こっています。 おおよそ2月の中旬から飛び始めピークは3月下旬から4月上旬で、山にいくと風にのって花粉が飛び散っているのを確認することができます。 広範囲に花粉が舞うのが特徴で、山に近くない地域でも花粉症の症状が出てきます。 秋の場合は、イネ科の植物や、ヨモギ、ブタクサといった雑草類の花粉に反応します。 これらの植物は道端でも生えていることが多く、秋の花粉に敏感な場合は土手や河川敷に近づかないことが基本です。 花粉は飛び散るということは少ないので、近寄らなければ花粉症の症状が出ることは少なくなります。 花粉症は目の痒みがひどく、目も赤く充血してくるのが一つの症状でもあります。 この時期は仕事も忙しいのですが、できるだけ外出を避けるようにすると良いでしょう。 特に花粉が飛ぶ午前11時頃から午後2時までと夕方の時間帯は不要な外出は避けたほうが良いです。 花粉症に多い鼻水やくしゃみ、鼻づまりは薬を服用したり点鼻薬を利用したりすることで改善していきます。 目の場合も薬の服用と、点眼薬にて症状をやわらげていきますが、点眼薬はすぐに効果が出るわけではなく、徐々に効いてくる感じとなります。 しかも目の痒みに効果がある点眼薬は、ほとんどがコンタクトレンズの上からできないものです。 目に痒みの症状が出ている場合は、目に炎症が起きている状態でもあるので、保護をする意味でもできるだけコンタクトレンズの使用を控え、メガネを利用するようにします。 目はデリケートな部分です。花粉による痒みがある場合は、目を洗い流すだけでも花粉が流れ落ち、痒みの原因を取り除くことができます。 目は物を見るのに必要な器官でもあるので、目の調子が悪いと仕事にも支障が出てくることが多いです。 少しでもかゆみを感じた場合は、我慢せず眼科で点眼薬を処方してもらうと良いでしょう。 こすってしまうと角膜などを傷つけてしまうので、こすらないように注意が必要です。

2019年06月17日