Month: July 2019
花粉症の症状を緩和させるアレグラを服用しよう

花粉症は水のような鼻水が出るだけでなく、鼻づまりも引き起こします。 鼻が刺激されることでくしゃみも多く出るので、体力が奪われてしまうことがあります。 花粉症の場合、自分でも花粉を寄せ付けないことが大切ですが、上手に薬を使うことで症状を軽減することができるのです。 花粉症の薬は数多くあり、処方箋がなくてもドラッグストアやネット通販で購入できる薬があります。 代表的なものにアレグラがあり、アレグラはフェキソフェナジンを主成分としています。 フェキソフェナジンは第二世代ヒスタミン剤で、医療用として使用されていました。 そのため、処方箋が無いと服用することができず、海外医薬品を頼ることが多かったのです。 しかし、日本においても2012年に市販薬として、ドラッグストアでも購入することが可能になったのです。 フェキソフェナジンは、花粉症の症状が出てしまってもその症状を鎮めることができ、ヒスタミンなど症状を引き起こす物質を抑制し、体内に排出するのを防ぐこともできます。 脳に影響を与えることが少ないため、眠気が起きにくく、集中力や作業能力も低下しにくい特徴があります。 そして花粉症の薬に多い、口の渇きも少ないです。 市販薬と処方される薬の違いは、服用できる年齢が違うこと、効果や効能の範囲が若干違うことがあげられます。 処方されるアレグラは皮膚の疾患や蕁麻疹にも効果がありますが、処方される薬や海外医薬品にはそのような効果はありません。 ネット通販で手に入れることができる海外医薬品も処方される薬と少し違いますが、基本的な成分は同じになっています。 アレグラは、1日2回服用することで効果が24時間持続します。寝ている間も効いているので、鼻づまりに悩むことはありません。 そして空腹時にも服用することができます。朝と夕に服用するのが望ましいので、できるだけ忘れないようにしましょう。 花粉症は花粉が飛ぶ時期前から対策を練ることが大切です。 アレグラは時期前から服用を開始すると症状がひどくならずに済みます。 継続して服用することが大切ではありますが、1週間飲み続けても効果が出てこない場合は一度医療機関を受診するか、ドラッグストアの登録販売者に相談をすると良いでしょう。 アレグラは花粉やハウスダストによるアレルギー性の鼻炎に効果があり、眠気も起きないため使いやすい薬です。 薬の効果を高めるためにも服用する前後はアルコールの摂取を控えるようにします。

2019年07月30日
花粉症の症状を少しでも良くする予防法

花粉症はスギやヒノキといった植物の花粉が原因で起こることが多いですが、花粉の影響のほかに生活習慣も深く関係しています。 特にタバコやアルコールの摂取は花粉症を悪化させてしまう原因の一つです。 タバコは口から吸いますが鼻から煙を出すことが多く、その際鼻の粘膜が傷ついている状態になっています。 鼻は異物から守るフィルターの役目がありますので、この部分の粘膜が傷つくと簡単に異物である花粉が侵入し、症状を引き起こしてしまうのです。 そしてタバコの場合、吸っていなくても吸っている人の近くにいるだけで同じような症状が出ることが多いです。 アルコールに関しては飲むことで血管が拡張し、余計に目の充血や鼻づまりといった症状を引き起こします。 そしてアルコールを飲む際に食べることの多いおつまみも高脂質のものが多く、免疫力を下げることにつながります。 薬の効き目にも影響してくるので、花粉の時期には控えたほうが良いでしょう。 花粉症の症状を軽くするには、できるだけ外出をしない方が良いのですが、仕事や子育てをしている場合、どうしても外に行く機会は多いです。 外出する際は花粉情報をチェックし、今日はどのくらいひどいのか、ということをしっかり把握しましょう。 花粉情報はテレビやアプリなどで簡単にチェックすることができます。 そして外出するときは、かならずマスクをつけるようにしましょう。マスクは不織布ですぐに捨てられるものが良いです。 さらに予防するのであれば帽子をかぶると良いでしょう。 服装も首元までかくれるもの、すべすべとした生地のものを選ぶようにします 。なお、外出先からそのまま家に入ってしまうと服装についた花粉が室内に入りこんでしまう恐れがあります。 玄関先でさっと払うようにし、家に入ったらすぐに洗顔をします。 洗顔をすることで顔についた花粉を取り除くことができるからです。 目の痒みがある場合は特に丁寧に行うようにしてください。 一通り自分についた花粉を取り除いたら念入りに掃除をするようにします。 掃除をする時は、花粉が舞い上がらないよう、濡れた雑巾やモップを利用して床をふき取り、それから掃除機をかけると良いです。 掃除機もコードレスタイプの物の方が排気する空気が少ないため花粉が舞い上がりません。 花粉症は薬の服用が基本ですが、身近なことに注目するだけでも症状を軽くすることができます。 家に持ち込まない、花粉を寄せ付けない、ということを意識してみましょう。

2019年07月15日